カテゴリー別アーカイブ: news

【緊急企画】αMトークイベント「いま、絵画を語るために」

αMでは、2012年度企画「絵画、それを愛と呼ぶことにしよう」関連企画として、以下のトークイベントを開催します。

 

【緊急企画】αMトークイベント「いま、絵画を語るために」

出演: O-JUN、成相肇、保坂健二朗
日時: 6月12日(火)20時~
会場: gallery αM    予約不要・参加無料

Ust中継します→ http://ustre.am/LapJ 

 

尚、当日は平常19時閉廊のところを20時(トーク開始)まで延長します。
この機会に是非ご参加ください。
お問いあわせはギャラリーまでお気軽にどうぞ。

オープニングトーク 俵 x 保坂

初日の26日に、俵さんとキュレーターの保坂さんによるトークを開催しました。当日の記録をYoutubeにアップしましたが、機材の不備によりトーク開始13分後~35分後あたりの音声が録音されていません。どうかご了承ください。

 

news120529.jpgトークは今回の展示コンセプトの話から、俵さんの好きな音楽や映画の話まで幅広いものになりました。ご参加くださったみなさま、有難うございました。

俵展、はじまりました

news120526.jpg本日より俵萌子展がはじまりました。

 

今回の展示では照明を最大限に工夫し、俵さんの作品世界の要素である光と闇を表現しました。展示空間では、写真画像で見るだけでは感じることの出来ない油彩のつやめきや湿度のようなものに触れることができると思います。

俵展、準備中

news120524.jpg現在、5月26日(土)からはじまる俵萌子展の展示作業中です。

どちらかというと暗めの色合いの作品が多い俵さん。お話を伺うと、大胆なタッチからは想像がつかない繊細な感受性を持った方で、ギャップにびっくりします。そんな俵さんの作品は、作家本人を知るとまた違って見えるように感じます。

初日26日からの保坂さんとアーティストトークが楽しみです。この機会に是非お越しください。

山田展、終了しました

news120519.jpg5月19日をもって、「絵画、それを愛と呼ぶことにしよう vol.1 山田七菜子」展は無事に終了しました。 ギャラリー右側の長い壁面を効果的につかった展示はとても好評でした。

1年間の企画のよいスタートになりました。お越しくだったみなさま、有難うございました。

オープニングトーク 山田 x 保坂


初日の14日に、山田さんとキュレーターの保坂さんによるトークを開催しました。当日はUstreamで配信しましたが、引き続きアーカイブで視聴いただけます。前半10分ほど、録画のミスにより視聴できません。どうかご了承ください。

 

news120414b.jpgトークは保坂さんによる企画立ち上げからのエピソードや、山田さんの制作方法、震災にちなんだ話題など多岐にわたりました。最後に保坂さんから山田さんへの質問も。当日は天候が悪かったのですが、ご参加くださったみなさま、有難うございました。

山田展、はじまりました

news120414.jpg

本日より山田七菜子展がはじまりました。

キャンバス、パネル、生地…と描く支持体を選ばない山田さんの作品が、ギャラリーの壁ににぎやかに展示されています。また、ギャラリーのどこかに山田さんによる詩が書き留められています。どうぞ探してみてください。

山田展、準備中

news120411.jpg現在、4月14日(土)からはじまる山田七菜子展の展示作業中です。

これまで、αMで絵画の展覧会を開催する機会はすくなかったのですが、今後1年間はたっぷり絵画を紹介していきます。写真は作品の梱包をはずす山田さん。展示では50点を超える作品数を出品する予定です。

αM2012版、更新しました

2012_mainimage.jpgHPをαM2012年度版に変更しました。画像は年間ポスターです。デザインは、山田拓矢さんと広滝陽子さんが担当されています。ポスター、ちらし共、メインイメージはvol.6の衣川明子さんの作品です。


これから1年間、どうぞよろしくお願いします。

シンポジウム「成層/断層:再起動する美術」


3月24日のシンポジウムをもって2011企画「成層圏」は終了しました。3人のキュレーターの他、中井康之さんをお迎えし、震災からはじまったこの1年間の流れを振り返りました。また、参加作家のみなさんも最後にはトークに加わり、それぞれの考えをお話してくださいました。

news120324a.jpgnews120324b.jpg


当日はUstreamで配信しましたが、引き続きアーカイブで視聴いただけます。朝からすっきりしない天候の中、また多くのイベントが開催されている中、αMのシンポジウムにご参加下さった皆さま、有難うございました。