カテゴリー別アーカイブ: news

衣川展、終了しました

news121124.jpg11月24日をもって、「絵画、それを愛と呼ぶことにしよう vol.6 衣川明子」展は無事に終了しました。 会期中に二日も祝日で休廊日があったので、若干短く感じましたが、それでもたくさんの方にお越しいただきました。


衣川さんの作品のもつ世界感が見ている人を包み込むようで、ふわっとした展示空間が印象的でした。お越しくだったみなさま、有難うございました。

オープニングトーク 衣川 x 保坂

初日の27日に、衣川さんとキュレーターの保坂さんによるトークを開催しました。当日の記録はUstアーカイブで引き続き視聴可能です。よろしければ是非お聞きください。

 

news121030.jpgトークのはじめは見ているこちらがハラハラしそうなくらいに緊張していた衣川さんでしたが、保坂さんの安定した聞き役の効果で、最後まで真摯にお話してくださいました。ご参加くださったみなさま、有難 うございました。

衣川展、はじまりました

news121027.jpg本日より衣川明子展がはじまりました。

 

今春卒業したばかりの衣川さん。卒業後、制作環境が変わってから描きためたものが主な展示作品になっています。薄くこすりつけるようなタッチの人(動)物のぼんやりとした顔のなかに、強いまなざしがあります。

作家の繊細な変化や揺れが感じられるような展示になりました。どうぞご期待ください。

衣川展、準備中

news121024.jpg現在、10月27日(土)からはじまる衣川明子展の展示作業中です。

かなり作品を多めに搬入した衣川さん。ギャラリーの空間をみながら、その場で絵をあわせていきます。見ていてどうなるか予想がつかず、作業をしながらも先の展開が楽しみです。

初日の27日には保坂さんとのトークを開催します。この機会に是非お越しください。

小西展、終了しました

news121020.jpg10月20日をもって、「絵画、それを愛と呼ぶことにしよう vol.5 小西紀行」展は無事に終了しました。 たくさんの方にお越しくださり、描かれている内容と技法、それぞれの方向から色々な意見を伺いました。お越しくだったみなさま、有難うございました。

オープニングトーク 小西 x 保坂

初日の21日に、小西さんとキュレーターの保坂さんによるトークを開催しました。当日の記録はUstアーカイブで引き続き視聴可能です。よろしければ是非お聞きください。

 

news120925.jpgトークはマイペースの小西さんに保坂さんが突っ込むかたちで進行しました。会場には小西さんと同世代の若手作家が沢山いらして下さったのですが、後半はそんな若手作家からの感想と質問コーナーになりました。長年のつきあいならではの意見も寄せられ、興味深いトークになりました。ご参加くださったみなさま、有難うございました。

小西展、はじまりました

news120921.jpg本日より小西紀行展がはじまりました。

 

ほぼ全て2012年に描かれた新作が27点。大胆なタッチで描かれた作品が、ギャラリーの壁面いっぱいに展示されています。これまでになかったような作品の組み合わせや壁面の使い方にも、小西さんの変化がみてとれるようです。どうぞご期待ください。

小西展、準備中

news120918.jpg現在、9月21日(金)からはじまる小西紀行展の展示作業中です。

今までよりも身体的なタッチが強い、印象的な新作を展開する小西さん。精力的に沢山の作品を持ってきてくださいました。どんな展示空間になるのかご期待ください。

初日の21日には保坂さんとのトークを開催します。いつもと時間帯が異なりますのでご注意ください。この機会に是非お越しください。

浅見展、終了しました

news120915.jpg9月15日をもって、「絵画、それを愛と呼ぶことにしよう vol.4 浅見貴子」展は無事に終了しました。 新聞のレビューの反応等もあり、幅広く多くの方にお越し頂きました。作品のサイズが大きかったためか、ギャラリーが広く感じるという意見も多く頂きました。

会期途中の一日と最終日には、屏風作品の「双松図」の折方を変える特別展示も行いました。貴重な機会となりました。
お越しくだったみなさま、有難うございました。

オープニングトーク 浅見 x 保坂

初日の18日に、浅見さんとキュレーターの保坂さんによるトークを開催しました。当日の記録はUstアーカイブで引き続き視聴可能です。よろしければ是非お聞きください。

 

news120821.jpgトークは、おおらかな浅見さんの人柄がにじみ出た明るいムードで、時に笑いや身振りを交えた楽しいひとときでした。お盆が開けたばかりで夏休み中のギャラリーも多く、人が集まるか心配だったのですが、沢山の方にお越しいただきました。ご参加くださったみなさま、有難うございました。