カテゴリー別アーカイブ: news

冬期休廊のお知らせ

gallery αMは下記の期間を冬期休廊とさせていただきます。

– – – – – – – – –
冬期休廊
2012年12月23日(日)〜2013年1月7日(月・祝)
– – – – – – – – –

開催中の「絵画、それを愛と呼ぶことにしよう vol.7 増田佳江」展は1月8日(火)から再開します。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

オープニングトーク 増田 x 保坂

初日の1日に、増田さんとキュレーターの保坂さんによるトークを開催しました。当日の記録はUstアーカイブで引き続き視聴可能です。よろしければ是非お聞きください。

 

news121204.jpg京都弁でマイペースに自作について語る増田さん。トークではモチーフのことや絵の背景にあることについて語られ、作品からだけでは分からないようなエピソードも次々に披露されました。その中で、絵に対する真面目さが端々に感じられました。
あっという間の一時間でした。ご参加くださったみなさま、有難うございました。

増田展、はじまりました

news1212011日より増田佳江展がはじまりました。

 

ギャラリー奥、正面の作品をキーに、大小の作品に視点を展開するような展示構成になりました。その距離感は、作家曰く「京阪電車からNYまで」というくらい、幅広く自由なものになっています。

観ることの純粋な楽しさにあふれた展示になりました。どうぞご期待ください。

増田展、準備中

news121128.jpg現在、12月1日(土)からはじまる増田佳江展の展示作業中です。

実は今年の企画でのこれまでの作家さんは、どちらかというとモノトーンで中間色を使った作品が多かったのですが、増田さんの作品は原色を多用したビビッドな色彩にあふれています。さらに作品のサイズも大きいものから小さいものまで様々で、目が追いつかないくらいです。
どんな展示になるのか楽しみです。

初日の1日には保坂さんとのトークを開催します。この機会に是非お越しください。

衣川展、終了しました

news121124.jpg11月24日をもって、「絵画、それを愛と呼ぶことにしよう vol.6 衣川明子」展は無事に終了しました。 会期中に二日も祝日で休廊日があったので、若干短く感じましたが、それでもたくさんの方にお越しいただきました。


衣川さんの作品のもつ世界感が見ている人を包み込むようで、ふわっとした展示空間が印象的でした。お越しくだったみなさま、有難うございました。

オープニングトーク 衣川 x 保坂

初日の27日に、衣川さんとキュレーターの保坂さんによるトークを開催しました。当日の記録はUstアーカイブで引き続き視聴可能です。よろしければ是非お聞きください。

 

news121030.jpgトークのはじめは見ているこちらがハラハラしそうなくらいに緊張していた衣川さんでしたが、保坂さんの安定した聞き役の効果で、最後まで真摯にお話してくださいました。ご参加くださったみなさま、有難 うございました。

衣川展、はじまりました

news121027.jpg本日より衣川明子展がはじまりました。

 

今春卒業したばかりの衣川さん。卒業後、制作環境が変わってから描きためたものが主な展示作品になっています。薄くこすりつけるようなタッチの人(動)物のぼんやりとした顔のなかに、強いまなざしがあります。

作家の繊細な変化や揺れが感じられるような展示になりました。どうぞご期待ください。

衣川展、準備中

news121024.jpg現在、10月27日(土)からはじまる衣川明子展の展示作業中です。

かなり作品を多めに搬入した衣川さん。ギャラリーの空間をみながら、その場で絵をあわせていきます。見ていてどうなるか予想がつかず、作業をしながらも先の展開が楽しみです。

初日の27日には保坂さんとのトークを開催します。この機会に是非お越しください。

小西展、終了しました

news121020.jpg10月20日をもって、「絵画、それを愛と呼ぶことにしよう vol.5 小西紀行」展は無事に終了しました。 たくさんの方にお越しくださり、描かれている内容と技法、それぞれの方向から色々な意見を伺いました。お越しくだったみなさま、有難うございました。

オープニングトーク 小西 x 保坂

初日の21日に、小西さんとキュレーターの保坂さんによるトークを開催しました。当日の記録はUstアーカイブで引き続き視聴可能です。よろしければ是非お聞きください。

 

news120925.jpgトークはマイペースの小西さんに保坂さんが突っ込むかたちで進行しました。会場には小西さんと同世代の若手作家が沢山いらして下さったのですが、後半はそんな若手作家からの感想と質問コーナーになりました。長年のつきあいならではの意見も寄せられ、興味深いトークになりました。ご参加くださったみなさま、有難うございました。