カテゴリー別アーカイブ: news

持ち寄った絵について話す


2日に、「持ち寄った絵について話す」というイベントを開催しました。

 

news130202A.jpg会期中に絵を持ってこられた方々に、田中さんと保坂さんでインタビューしました。ちょっとした講評会のような雰囲気でした。ご参加くださったみなさま、有難うございました。

オープニングトーク 田中 x 保坂

20日に、田中さんとキュレーターの保坂さんによるトークを開催しました。テーマは「愛」です。トーク前半は、お二人それぞれの「愛がうまれた瞬間」についての私的なお話、後半は愛するために橋をかけることについて語られました。日曜日にも関わらずご参加くださったみなさま、有難うございました。


今回はUstアーカイブを公開しません。ご了承ください。

田中展、はじまりました

fujikawatakashi03.jpg19日より田中功起展がはじまりました。

初日19日は「ペインティング・トゥー・ザ・パブリック2」という参加型のイベントを行いました。竹橋の東京国立近代美術館からαMまで絵を持って歩き、持ってきた絵はαMに展示してあります。会期中も持ってきた絵を受け付けています。

まだまだこれから展示空間は変わっていきます。また多くのイベントも予定しています。どうぞご期待ください。

田中展、準備中

news130116.jpg現在、1月19日(土)からはじまる田中功起展の展示作業中です。写真はギャラリー内でパソコン作業をする田中さん。これまでの完成された絵画作品を展示する、という作業ではありません。

今期のみ会期が二週間で、会期中にたくさんイベント開催を予定しています。初日の19日(土)にはイベント、20日(日)に保坂さんとのトークを開催します。イベント詳細はこちらをご参照ください。この機会に是非お越しください。

増田展、終了しました

news130112.jpg1月12日をもって、「絵画、それを愛と呼ぶことにしよう vol.7 増田佳江」展は無事に終了しました。 対峙するような展示方法が多かった今企画の中で、いきいきと自由に作品をちりばめられた展示空間は印象的でした。
色彩とタッチが織りなすキラキラとした絵画世界に魅了された方は多かったと思います。お越しくだったみなさま、有難うございました。

冬期休廊のお知らせ

gallery αMは下記の期間を冬期休廊とさせていただきます。

– – – – – – – – –
冬期休廊
2012年12月23日(日)〜2013年1月7日(月・祝)
– – – – – – – – –

開催中の「絵画、それを愛と呼ぶことにしよう vol.7 増田佳江」展は1月8日(火)から再開します。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

オープニングトーク 増田 x 保坂

初日の1日に、増田さんとキュレーターの保坂さんによるトークを開催しました。当日の記録はUstアーカイブで引き続き視聴可能です。よろしければ是非お聞きください。

 

news121204.jpg京都弁でマイペースに自作について語る増田さん。トークではモチーフのことや絵の背景にあることについて語られ、作品からだけでは分からないようなエピソードも次々に披露されました。その中で、絵に対する真面目さが端々に感じられました。
あっという間の一時間でした。ご参加くださったみなさま、有難うございました。

増田展、はじまりました

news1212011日より増田佳江展がはじまりました。

 

ギャラリー奥、正面の作品をキーに、大小の作品に視点を展開するような展示構成になりました。その距離感は、作家曰く「京阪電車からNYまで」というくらい、幅広く自由なものになっています。

観ることの純粋な楽しさにあふれた展示になりました。どうぞご期待ください。

増田展、準備中

news121128.jpg現在、12月1日(土)からはじまる増田佳江展の展示作業中です。

実は今年の企画でのこれまでの作家さんは、どちらかというとモノトーンで中間色を使った作品が多かったのですが、増田さんの作品は原色を多用したビビッドな色彩にあふれています。さらに作品のサイズも大きいものから小さいものまで様々で、目が追いつかないくらいです。
どんな展示になるのか楽しみです。

初日の1日には保坂さんとのトークを開催します。この機会に是非お越しください。

衣川展、終了しました

news121124.jpg11月24日をもって、「絵画、それを愛と呼ぶことにしよう vol.6 衣川明子」展は無事に終了しました。 会期中に二日も祝日で休廊日があったので、若干短く感じましたが、それでもたくさんの方にお越しいただきました。


衣川さんの作品のもつ世界感が見ている人を包み込むようで、ふわっとした展示空間が印象的でした。お越しくだったみなさま、有難うございました。