空間へのデイアロゴス

高木修


かつてニーチェは、「境界線の上には不思議なものが存在する」と言った。世紀末をむかえた今、世界情勢の変化や芸術の状況を見れば、ニーチェのパースペクテイヴ(展望)は、私たちの時代までも鋭く洞見していることを知るだろう。

幸 か不幸か、この世紀末と言う〈境界〉に身を委ねているものにとって、加速化する変化の波動は、様々なものの解釈を転覆させ、新たな異物と対峙する羽目になっていることも確かなのであって、それは単なる〈知〉の地殻変動といったものではない。端的に言うなら〈存在〉そのものが揺れ動いているといった方が相 応しい。そしてその〈存在〉の揺れの中から、様々なる意匠を施した芸術が産出しているのも事実なのだ。

このような状況に直面しつつ、つくり手の立場からαMの企画を担当することは、ある意味で捉え直せば、一種のパラダイム・チェンジとも言えるだろう。

 私は、ギャラリーαMの企画にあたって、一つのテーマを設けた。その具体的なテーマは、「空間へのディアロゴス(dialogos)」つまり、ギリシア語の〈対話〉である。

画家は<絵>の中で考えているように、常に自問自答の繰り返しの中で制作しつづけている。それは絵画のみに限らず、彫刻や写真など、あらゆる表現メディアに言えることであろう。言葉をかえて言うならば、来たるべき空間性のための<自己内対話>でもある。

 そして空間に対しその表現が、挑発的でより刺激的であるか、または跳躍するか、あるいは破壊するか、逸脱するか、放棄するか、などの様々なる空間への闘争=ディアロゴスがある筈で、それは作品、作家、観者に対しての内的連関、または相互作用的なまさに重層的デイアロゴスの運動の<場>でもあるのだ。

 私たちは、常に身体の全感覚を登場させながら、「空間へのディアロゴス」を展開させなければならないのである。
(企画主旨文, 1992)

▊高木修 たかぎ・しゅう▊
1944年栃木県生まれ。高松次郎塾を修了。1971年の「国際彫刻展」に出品の頃より作家活動を始める。70年代以降、グループ<360°>や<インターセクション>などを組織して理論やイヴェント活動を行う(哲学者・市川浩に出会う)。80年代に雑誌「アンプレックス(錯綜体)」を発行・編集。83年「第19回今日の作家展」、84年「メタファーとシンボル展」などに出品。主に76〜88年ときわ画廊、93・95年ヒノギャラリーで個展。

(※略歴は1992年当時) http://www.abst-takagi.com/index.html