企画にあたって

高島直之

1988年に開廊した当画廊は本年で13年目を迎え、企画展示も昨年100回を超えた。各キュレーターが2年ずつ委嘱されるかたちで進められ、当初の運営方針のひとつであった「三多摩地区での新たな文化運動の拠点」として役割を担ってきた。画廊が設置された時代は、いささかの経済好況を背景として美術状況が活性化していたといえる。そういった中での上記の「三多摩地区構想」は、全体の状況を先取りしたかたちで推進され、画期的なものとして評価されるはずである。

銀座・日本橋を中心とした画廊地勢が崩れていき、この地域も含めて地図が拡大していったのは90年代の半ばであった。この時代は当画廊も含めて、非営利(ノンプロフィット)ギャラリーの活動が盛んだったが、近来ではその数を極端に減らし、また主流といえた貸画 廊のみならず商業画廊の閉鎖が相次いでいるのが現状だ。いっぽう、画廊発表の意欲に燃える若手作家の数は減るどころか、ますます多くなっている。そのことは当画廊のキュレーターを担当する者としてつねづね実感させられるところである。

 また大きな情勢としては、既成の画廊の特色がなくなってきていることと相即的に、アートシーンを引っ張っていくムーヴメントが退潮し、市場もジャーナリズムもその話題作りに苦労していることも事実である。しかし、当画廊の開設初心は、学校法人の展示施設として、そういった市場原理と距離をとり、表現の多様さを認めつつ、キュレーターの独自な視点によって、作家たちのと どまるところを知らない表現欲望を掬い取り、また一定の受容層の訴えに応えるものとしてあまることを忘れてはならない。

広い意味での美術作品をめぐる批評の回路の一端を、当画廊は役割として担ってきた。現在を知る限り、まったくの非営利画廊として年間を通じて活動しているのは、東京・関東圏では当画廊以外、かわさきIBM市民文化ギャラリー(神奈川・川崎市)だけであり、大きな潮流を見いだせない現代アートシーンにおいては、貴重な存在である。その社会的評価はじつに高いといえる。新世紀に変わりその新たな気運の下に、現代美術の水脈から眼を離さず、複数のキュレーターの議論によって模索・提案し ていく機関として、当画廊の企画に関わっていく所存である。

高島直之  たかしま・なおゆき

1951年、仙台市生まれ。美術評論家。武蔵野美術短期大学デザイン科商業デザイン専攻卒業。70年代半ばより出版編集に携わり、’80年代半ばより美術評論を始める。1994~1996年、ギャラリーαM、キュレーター。最近の論文に、「戦争の エポック 芸術のメルクマール」(『インターコミュニケーション』第32号、2000年)、「よみがえったル・コルビュジェ 国立西洋美術館の改装をめぐって」(月刊『東京人』’99年10月号)著書に『中井正一とその時代』青弓社(2000年)

(※略歴は2000年当時)