複合回路 vol.3 アクティビズムの詩学―丹羽良徳


photo:「撤去された鳥の巣をギャラリーの天井で編み直す」 2010, (C)Yoshinori NIWA


2010年7月24日(土)~9月11日(土)(※夏季休廊8月8日-23日) 

Exhibition view


内気な闖入者

鈴木勝雄



 丹羽良徳の表現の現場は、ギャラリーや美術館というよりは、街中すなわち無数の人々が行交う公共的な空間にあった。自らの身体を駆使したパフォーマンスや、参加者と共同してつくり上げるイベントを通して日常の中にある種の異物を挿入し、そこから広がる波紋を生きた経験として共有することに賭けてきた。きわめてシンプルな行為だけを頼りに、「コミュニケーション」「境界」「市場」といった現実の複雑な主題に対する鋭い問いかけを発してきたのである。

「異物」を挿入すると言ったが、強いショックを与えることは彼の流儀ではない。人懐こい丹羽のキャラクターを反映してか、社会に一石を投じるその方法は、どこかユーモアとやさしさに彩られている。対象に舌鋒鋭く攻撃を加えることよりも、社会に「変化」を生み出す可能性は他者とのつながりの中にあると信じているからこそ、そのような一見柔らかに見える介入の方法を意識的に選んでいるのだろう。社会のシステムや関係の網目の内側にするりと入り込む作法と言い換えることができるかもしれない。

しかし、他者とのつながりを求めながら、その一方で「対話」を強要することには慎重だ。だから、しばしば彼のコミュニケーションは一方通行となる。見えない他者への伝言、言葉の通じない動物とのやり取りなど、あえて一方通行的な関係に留まることの可能性を丹羽は問う。それによって、届かぬ声が「祈り」に似た誠実さを帯び、対話の欠損を補う想像力が豊かに働き始めることを期待して。

今回のαMでの個展は、丹羽にとって、ギャラリー空間という制約への挑戦となるだろう。これまでの路上での実践が放っていた鮮度を減じることなく、ギャラリー内でどのようなリアルな体験を創出できるかが求められる。

 

▊丹羽良徳 にわ・よしのり▊
1982年愛知県生まれ。2005年、多摩美術大学造形表現学部映像演劇学科卒。路上を活動の拠点とし、国内外で、コミュニティーベースのプロジェクトや、社会への介入を試みるパフォーマンスを発表。主な作品に鳥インフルエンザが流行した時期に鶏にイラク戦争や身の回り様々な質問をしにいく「ヤンキー養鶏場」、東ベルリンの水たまりを口で吸い上げ別の水たまりに移しかえる「水たまりAを水たまりBに移しかえる」など。http://www.niwa-staff.org/

(左)「水たまりAを水たまりBに移しかえる パフォーマンス」 2004-2009, ドイツ, (C)Yoshinori Niwa
(中)「結婚を決意できない友人の為に 深夜2時街灯の下で結婚式をする」 ラムダプリント 1200x1500mm, 2009, (C)Yoshinori Niwa
(右)「ヤンキー養鶏場 パフォーマンス+インスタレーション」 2004, (C)Yoshinori Niwa