小松展、終了しました

10月14日をもって、「鏡と穴ー彫刻と写真の界面 vol.4 小松浩子」展は終了しました。壁だけでなく床もすべて覆う圧倒的な写真の量。すべてモノクロで焼かれた印画紙の質感と匂いで覆われる熱量の高い展示空間でしたが、決して人を寄せ付けないものではなく、じっくりご覧いただく方が多かったです。お越しくださったみなさま、有難うございました。