αM2011企画 「成層圏 Stratosphere」

αM2011企画についてあまりに問い合わせが多いため、一部先行してお知らせします。
ゲストキュレーターは2010年度に引き続き、高橋瑞木さん、鈴木勝雄さん、田中正之さんが担当します。



『成層圏 Stratosphere』

いささか唐突に聞こえるかもしれない「成層圏」というタイトル。字義通りには大気圏の一層を指すが、企画者は、現代における美術の創造性を捉え直すメタファーとしてこの語を選んだ。美術に特有の表現の強度が、複数の意味の層が重なりあって、豊かな多義性を発揮することにあるとすれば、制作と鑑賞の両面において、こうした「層」への意識は不可欠だろう。しかし、その各層が固定され、ときに階層化されて、自由な行き来ができなくなるような「地層」のイメージは相応しくない。それとは対照的に、意味を発生させる層が流動性を失うことなく曖昧に連なり、その各層を想像力が横断的に飛翔することを予感させる空間として「成層圏」という語を読み替えていきたいのだ。
では表現を多層化していく方法とは具体的にはどのようなものなのか。形式的なレベルでは、イメージを層状に重ねていく絵画や、イメージと言葉の併用、さらにコラージュ、モンタージュという手法がすぐに思い浮かぶ。主題のレベルでは、過去の美術作品や、美術という制度に対しての言及、あるいは歴史、社会、政治、文化への示唆など、こうした参照項が層状に張り巡らされることで、作品の解釈は重層的なものとなるだろう。また、芸術作品を制作する他ならぬ作者という主体に注目すれば、事態はさらに複雑な様相を呈してくる。そもそも「わたし」という主体そのものが、歴史的、社会的に構築された多層的な存在であるからだ。だとすれば、そのような主体と外界との臨界面に立ち現れる芸術作品には、様々な異なる文脈における「わたし」と「世界」との出会いが刻印されることになる。いや、むしろ芸術作品という場において、「わたし」と「世界」とが同時に生成すると捉えるべきなのかもしれない。
この展覧会シリーズは、昨年度の「複合回路」に引き続き、同じ三人のキュレーターによって企画された。個々の問題意識は継続しているとはいえ、今年度は「成層圏」というタイトルに託して、上述のような多層化のプロセスに潜む生成のモーメントに、より自覚的に取り組んでいくつもりである。
(鈴木勝雄)



各キュレーターのサブテーマと作家は以下のとおりです。

●風景の再起動  (高橋瑞木) 下道基行、宮永亮
●行為の装填  (鈴木勝雄) 増山士郎、林加奈子
●「私」のゆくえ  (田中正之) 椛田ちひろ、松川はり、川北ゆう、村山悟郎

詳細はプレスリリース(pdf)をご参照ください。またあらためてお知らせします。