シンポジウム開催

news110305b.jpg

3月5日にシンポジウム「複合回路について:関係性の中の美術」が開催されました。1年間かけて開催された6つの展覧会をキュレーター、作家がそれぞれ振り返り、全体としてどんな意味を持つ企画になったのか討論しあいました。パネリストはキュレーターの田中さん、鈴木さん、高橋さんの3人と作家から丹羽さん、石井さん、青山さんの6人です。

「複合回路」は「いかに回路を開いていくか」がテーマだったと田中さんより語られました。

 

news110305a.jpg

会場には沢山の方々がお越し下さいました。パネリストではありませんでしたが、「複合回路」参加作家の、早川さんと羽山さんも会場にお越しくださり、発言を頂きました。

 

news110305c.jpg

シンポジウムの後半では、2011年度企画「成層圏」の参加作家、(右より)椛田さん、下道さん、宮永さん、川北さんにご登場いただきました。「複合回路」から、「成層圏」へテーマが移り、今後1年間でひとつのテーマを築いていきます。1年後にまた同じ場で振り返った時にどんな景色が見えるのか、いまから楽しみです。どうぞ、ご期待ください。