約束の凝集 vol.5

高橋大輔

Halfway Happy vol. 5 Daisuke Takahashi




撮影:守屋友樹


gallery αMは新型コロナウイルス感染拡大防止のため、臨時休廊中です。
再開時期に関しては現時点では未定ですが、
詳細は、下記の「臨時休廊および、展覧会開催延期のご案内」をご覧ください。


▊高橋大輔 たかはし・だいすけ▊
1980年埼玉県越谷市生まれ。比企郡小川町在住。画家。2005年、東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻卒業。一般的な油絵の概念を超えた厚塗りの絵画を手掛けることで知られる。作品はすべて油絵具を使用しており、また完成予想を設定しない、独自のメソッドで創作を進める。2016年、埼玉県立近代美術館での企画展「迫り出す身体」では約70点を超える新作をインスタレーションし、話題となる。近年は西欧絵画などに限らず、日本の洋画、日本画、書へもアプローチした、多様な作品展開をみせている。近年の主な展示に「絵画の在りか」東京オぺラシティーギャラリー(2014)、「ペインティングの現在-4人の平面作品から-」川越市立美術館(2015)、「NEW VISION SAITAMA 迫り出す身体」埼玉県立近代美術館(2016)、「眠る絵画」URANO、viewing space、(2018),「自画像」Art Center Ongoing (2018)「太田の美術vol.3 2020年のさざえ堂 現代の螺旋と100枚の絵」太田市美術館・図書館(2020)など。現在、東京造形大学非常勤講師。

(左)「11」2015-2016年|39.2×54.3cm|oil on panel 撮影:椎木静寧 Courtesy of ANOMALY
(中)「無題(イビ)」2012-2013年|30.5×40.0cm|oil on wooden panel 撮影:加藤貴文 Courtesy of ANOMALY
(右)「無題(ワタシサシガタカハシ)」2012-2014年|104.0×77.0cm|oil on wooden panel 撮影:椎木静寧 Courtesy of ANOMALY