判断の尺度 vol.4

大木裕之

Have something that defines my judgment vol. 4 Hiroyuki Oki

2022年10月29日(土)~12日17日(土)/23日(金)
October 29, 2022(Sat.) - December 17, 2022(Sat.)/December 23,2022(Fri.)

12:30〜19:00
日月祝休 入場無料
12:30-19:00
Closed on Sun., Mon., Holidays.
Entrance Free

ゲストキュレーター:千葉真智子(豊田市美術館学芸員)
Guest Curator: Machiko Chiba(Curator, Toyota Municipal Museum of Art)


▊大木裕之 おおき・もとゆき▊
1964年東京生まれ。東京大学工学部建築学科在学中の80年代後半より映像制作を始め、89年〜北海道松前町を中心にした映像作品群〈松前君シリーズ〉を開始、96年に『HEAVEN–6–BOX』(1995)が第46回ベルリン国際映画祭NETPAC賞を受賞。その表現活動は映像制作のみに留まらず、ドローイング、インスタレーション、パフォーマンスにまで及ぶ。カメラを手に世界各地を旅し、膨大なイメージを次々に重ねていく独特で詩的な映像表現は国内外から高い評価を受け、国際展にも数多く参加している。主な展覧会に「M+ Moving Image Collection」M+(香港、2021)、「あいちトリエンナーレ:虹のキャラヴァンサライ 創造する人間の旅」(2016)、「歴史する! Doing History!」福岡市美術館(2016)、「ライフ=ワーク」広島市現代美術館(2015)、「Out of the Ordinary」ロサンゼルス現代美術館(アメリカ、2007)、「シャルジャ・ビエンナーレ」(アラブ首長国連邦、2007)、「夏への扉―マイクロポップの時代」水戸芸術館(茨城、2007)、「六本木クロッシング」森美術館(東京、2004)、「How Latitudes Become Forms」ウォーカーアートセンター(アメリカ、2003)など。

(左)《LTBTIQ》2017年|HDビデオ、6分41秒
(中)《色目》1992年|16mmフィルム(カラー、サイレント)、7分
(右)《心の中》1998年|16mmフィルム、89分